モビリティ業務最適化クラウドCariotの機能追加に感動![ITチーム独自投稿]

モビリティ業務最適化クラウドCariotの機能追加に感動![ITチーム独自投稿]

DriveCast画面を事務所内の4Kモニタに投影して配送効率の最大化をおこなっております。

お世話になっております。田中です。

今回は、弊社で活用しているモビリティ業務最適化クラウドCariotについてです。

 

Cariotとは、株式会社フレクト様が提供しているSalesforce社のプラットフォーム上で稼働するクラウドサービスで

 

・車両に関わる情報をリアルタイムで把握可能
・走行データが蓄積でき、その情報を分析することで業務の課題特定が可能
・最適なルートを設計する支援の実施

 

等など、乗り物や人の移動に関する業務の最適化を支援してくれます。

 

弊社でもIoTという言葉が世の中に浸透してくる少し前から導入させていただき活用しており、「Salesforce World Tour Tokyo 2018」で、Cariotの導入事例をお伝えさせていただいたこともあります。

 

記事『Salesforce World Tour Tokyo 2018』にて登壇させていだたきました

 

奥さん若々しいですね。

 


 

さて、日々色々な進化を続けているCariotですが先日の機能追加で下記が追加されました。

 

  1. DriveCastのユーザインターフェースを改善DriveCast画面上部のCariotのロゴが表示されていた帯を短くしました。
    地図の表示範囲が広がったことでユーザビリティが向上し、より使いやすくなりました。
  2. 月報出力機能をアップデートし、締め日を設定可能に・Cariotの管理設定画面で月報の締め日(10日〆、20日〆など)を自由に設定することができる
    ・月報出力時には、設定された締日で自動的にデータが出力される

 

実はこの機能はフレクト様と5月中旬にお話させていただいた際に、機能要望としてお伝えした内容だったのです!!(もちろん他のお客様からの要望も加味されているとは思います)

リクエストした内容を、こんなに早く対応していただけるなんて感動です!

 


 

早速、アップデートして月報出力機能を試してみます。

 

(1)Salesforceにログインして設定ボタンを押下します。

 

(2)カスタムメタデータを検索し、表示されたカスタムメタデータ型をクリックします。

 

(3)Cariotアプリケーション設定の「アクションを設定」をクリックします。

 

(4)一覧の中から「月報(車両利用報告書・運転日報)締日(1〜31)の「編集」をクリックします。

 

(5)Cariotアプリケーション設定の編集画面の設定値に締日を設定し保存をクリックします。

 

設定ここまで


それでは月報を出力してみます。

月報を出力したい車両を選択し、車両ページの月報タブ内の出力ボタンを押下します。

 

PDFが出力されますので内容を確認します。

 

開始日が21日からになりました。

デバイスのGPSから算出した走行距離・走行時間にはなりますが、

エクセルなどで別で月報管理を行っていた方々には朗報な機能追加ではないでしょうか!

 

八戸東和薬品では、10秒単位のタイムマネジメントで社内の動きをRe-デザインしております。その中で様々なシステムを活用しております。

 

ご興味がございましたらお問い合わせだけでも是非よろしくお願いいたします。

お読み頂きありがとうございました。

B!